« 室内灯2つ目 | トップページ | ヒンギス復活! »

2006年2月14日 (火)

ESCとは?

車にはいろいろな安全装置がついているのが今では常識だけど。ABSとかはかつてはHONDAではALBと言ってたっけね。ABSってのは、急ブレーキなんかで車輪がロックすると急な姿勢変動が起きて危険(つまりスピン)なので適度に4輪を半ブレーキ制御するヤツだ。で、このABSはもはや搭載があたりまえになっちまった。で、次はESC、、「横滑り防止装置」なるものが付いてる車があるんだよね。横滑り? 凍結路?? とか思ってしまうけど、これESCとは「StabilityControlSystem」の略なのだ。 コーナリング中にオーバー/アンダーが出そうなときに内側後輪に半ブレーキかけたりしてそれを防ぐ機構なんだそうだ。だからStabilityってわけね、なるほど。でもさ、なんでStabilityControlが日本語だと「横滑り防止」なんだろうか? かなり誤解を招くセンスのないネーミングだな。オレなら「コーナリング安定化装置」とでも呼ぼうかな。 みんなどう思う? この「横滑り防止装置」って呼び方、やめよーぜ?(^^;

|

« 室内灯2つ目 | トップページ | ヒンギス復活! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ESCとは?:

« 室内灯2つ目 | トップページ | ヒンギス復活! »