« おいしいご飯の炊き方 | トップページ | 赤LEDポジション作成 »

2006年3月13日 (月)

携帯の音声フォーマット

新携帯のW32Tだけど、音声シンセサイザLSIにYAMAHAのMA-5というヤツが使われているんだって。au、TuKa、Vodafoneはこれを搭載してるんだってさ。 で、その再生フォーマットがSMAFなわけだ。 SMAFでもMA-5までのものならOKってわけね。 MA-7は搭載機種少ないからまだ考えなくていいや。(笑
「WSC-MA2-SMAF」ってソフトのMac版をYAMAHAからダウンロードしてくればいい。AIFF→SMAFに変換してくれる。もちろんOSX対応だ。 これで着メロとか着効果音を作ってみようかな。♪ iTunesでAACにしたヤツは再生はOKなんだけど、着メロとかに登録できんのよね。著作権「あり」ってのがひっかかるのかな? うー、惜しいのぅ。

んで、早速Mac版のWSC-MA2-SMAFを試してみたよん。ちゃんと着メロになりますね。128KMacの起動音とかウルトラセブンの変身音とかをminiSDで転送してみたよ。 AIFFの切り出し編集、これだけの為にQuickTimeをPro.にしたくなっちゃったな。まぁいまだにclassicでSoundEditPro.なんですけけど。

|

« おいしいご飯の炊き方 | トップページ | 赤LEDポジション作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯の音声フォーマット:

« おいしいご飯の炊き方 | トップページ | 赤LEDポジション作成 »