« ウルトラマン倶楽部 | トップページ | 30周年 »

2006年4月 3日 (月)

サイドウィンカー

lumiledsのアンバーLED(HPWT-ML00-E4000)を使ってサイドウィンカーをLED化しました。[click]片側4個ずつ入れてます。これで十分。 必要十分な明るさを最小の構成で実現させるのが腕の見せ所です。よくLED何十個も入れて、定格の半分で光らせてたり、ってのを見かけますけど、あれは美しくないな。メータの背照に30個とか入れるのも美しくない。オイラならアクリル板とかで拡散層を絶対入れるよ。携帯のバックライトを見てもわかるように拡散をよほどうまく考えないとLEDってのは難しい。最近拡散タイプのPowerLEDを使ったものも出てきたけど、電球を置換するなら点光源としては魅力的だな。問題は寿命と発熱で、PowerLEDはこの辺をうまくクリアしないと切れたり寿命が半分になったりする。電球と大差なくなってしまうのだ。ヘッドライトの熱の影響をモロ受けるデザインの場合は厳しいだろう。幸いStreamはポジションとHIDの間にウィンカーの空間があるので、熱は大丈夫そうだけど。でも今回はまず、日亜のHighFluxLEDの4~5個で作ってみます。リフレクタの形状を見て最適な配置を考えなきゃなぁ。
Ledsidew4Ledsidew7

|

« ウルトラマン倶楽部 | トップページ | 30周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイドウィンカー:

« ウルトラマン倶楽部 | トップページ | 30周年 »