« 縁台つくり | トップページ | アップデート »

2006年5月10日 (水)

CDの売り上げ

昨日TV見てたらCDの売り上げが7年ぶりにUPしたんだそうだ。といってもわずかだけどね。ネット配信v.s.CDの逆襲みたいな内容で、iPodやJobsのプレゼンまで出てきて、CD業界が巻き返しを狙う、、みたいな内容。 ふーん、、ネット配信が受け入れられた理由、CDをみんなが買わなくなった理由。 みんなホントに理解してる? CD販売ってさ、ちょっと売れスジのアーティストだと新曲が1つ、他は聴きたくもないREMIX入れてポンポン出してくる。で最後にベスト盤。 最初からベスト盤だけ買えばよかった、、ってみんな思うでしょ。 聞きたくもないREMIXやEuroVersionとかダブって買った曲にも金払ってるなんて頭来るでしょ?そういう売り方してるCD業界は汚ねぇ! ってね。 HIDEの追悼アルバム?とかもいまだにぽこぽこ出てるじゃん? ある人が言ってたよ。「ファンとしては押さえとかなきゃイカン、、けどやりすぎ。ファンの足元見やがって・・」  そうだよ。オレもさ、浜崎あゆみのCD、最初のA Song for XX はアルバムとしていいCDだった。 買ってよかったって思ったよ。でもその後のCDの出し方はヒドイもんだった。あれ以来AvexのCDなんて絶対買いたくない、って思ってる。  そういう音楽の買い方しかできなくて不満が爆発しそう!そんな時にiTunesMusicStoreが1曲単位100円~150円、好きな曲を高音質で、ジャケット画像やプロモのムービーもつけての販売を開始したわけだ。 そりゃー受け入れられるよね。
CD業界はCD売り上げを伸ばすことしか考えていない。ユーザの気持ちを考えずに短期的に売り上げだけを伸ばそうとするその体質こそが問題なのではないのか? そういう部分が改善されてCD売り上げが伸びたとは思えない。その体質が改善されてCDを買いたくなったときこそ本当の「CDの復活」なのだと思うぞ。

|

« 縁台つくり | トップページ | アップデート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CDの売り上げ:

« 縁台つくり | トップページ | アップデート »