« グリル加工3 | トップページ | Merom搭載Macは? »

2006年8月28日 (月)

バッテリー回収

うちのiBookG4も回収対象でした。 さっそく申し込み。 Appleでは過去に何回か、バッテリー交換プログラムが行われてまして、今回がはじめてではないのですが、DELLでの発火問題が事を大きくしています。 過去にはLG製Liイオンバッテリが回収/交換されてます。  思うのですが、Appleのラップトップのバッテリーはインテリジェントバッテリーと呼ばれるモノで、1チップマイコンが時間軸も含めて充/放電を管理する機能をバッテリ自身に内蔵しています。 たので、単セルが死んで過充電とかになる前に充電をバッテリ側の判断でSTOPできるのです。 こういった機能はPowerBook500の頃から採用されています。 だから、不良なのはまぁ交換するとしても、iBookでは発火事故にはならないはずなのです。 DELLは発火するというので世間が騒いでしまい、同じバッテリということで交換になるわけですが、騒ぎにならなければ初期不良交換だけでよかったかもしれない、、と私は思っています。 金属Liは取り扱いが非常に難しいので、もっと安全で高容量の電池技術が出れば(燃料電池とかの)すぐとって変わられる可能性もあるでしょうね。   なんにしても3年も使ったiBookG4のバッテリーが新品になるんですから、超ラッキーです。

|

« グリル加工3 | トップページ | Merom搭載Macは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー回収:

« グリル加工3 | トップページ | Merom搭載Macは? »