« Leopard延期 | トップページ | 12ヶ月点検 »

2007年4月19日 (木)

ひかりOneのBL170HV

KDDIのひかりOneになって3週間。Ether接続のG4/AGPと無線LANのiBookはなかなか快適にネット接続できてます。そろそろプリンタのPhotosmart2575aもつながなきゃ、、ってんでEtherコンバータでつないでみた。WL54SEってやつね。ウチのルータはAterm系のBL170HVなんだけど。web設定してG4/AGPがWL54SE経由でweb閲覧できるようになったのを確認してプリンタ側に移動。よしよし。ん?プリンタを認識しませんな。あれ?iBookからは認識してプリントもOKだぞ?なぜぢゃ?? いろいろ調査したが、G4/AGPも無線LANで接続すればプリントOKだが、Ether接続だとダメだ。さらにiTunesの共有機能も無線&無線だとOKなのに無線&Etherだとダメなことがわかった。つまり、EtherコンバータのWL54SEの問題ではなく、ルータのBL170HVの無線LANとEtherNetの間のブリッジ機能に問題がある可能性が高い。ちなみにwebサーバ(80番ポートのhttp:web共有ね)は無線iBookからEtherG4/AGPにアクセスOKだ。マイナーなBonjourや共有のDAAPが通らないっぽい。 レンタルのBL170HV、コイツはWDSにも非対応だしイマイチなのかなぁ? TEPCO光の時のAterm系WR7610HVではこんな問題なかったよ。BL170HVはアクセスログも残らないし現在接続中のクライアントの表示機能もない。確かに高速なことは高速ですが、ちょっとCheepでBuggyなルータ(HGW)ですな。 最悪はAirMacExpressをBL170HVのEtherにブリッジでつないで逃げようか、せっかく引いた有線LANを使わないで無線ONLYにするか、ですな。とほほ。

後日追記:高度な設定で、セキュリティ保護機能のチェックボックスを外すことで、iTunesの共有(DAAP)やPtotoSmart2575aへのプリント(ランデブー)も問題なくなりました。この設定、説明書きでは「外部からの不正と思われるアクセスを監視し、不正パケットを廃棄します。」とあるが、外部からじゃないLocalな無線〜Ether間のブリッジでもパケットを廃棄しやがるわけだ!なにが「高度な設定」なのかわからんのぅ。(^^;;
Bltunes

|

« Leopard延期 | トップページ | 12ヶ月点検 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひかりOneのBL170HV:

« Leopard延期 | トップページ | 12ヶ月点検 »