« 引っ越し | トップページ | Ghostscript8.56 »

2007年4月 1日 (日)

地デジ移行計画

引越して1週間になります。洗面台の鏡も自前調達で取り付けて、電気,ガス,水道,電話,ネットもつながりました。エアコンは洗浄待ち。生活インフラが整ってきました。 ところがTVがまだ見れないんですよ。CATVかアンテナあげるかしないといけないわけです。CATVは月3000円もするので却下。新築の家の美観を損ねるので屋根にアンテナ立てるのはイヤです。となると地デジ対応TVに買い換えて、アンテナを天井裏設置(屋根裏アンテナ)かベランダ設置するしかないんですよね。理想は天井裏設置ですね。一応アンテナ工事やってる業者に見積もり問い合わせのついでに聞いてみましたよ。すると... 3mのポールを屋根上設置が常識、天井裏設置など聞いたことがない、99%無理ですよ、お宅の周辺は弱電波地域で、東京タワーからの電波の直接受信は難しい地域です、、、とまぁ完全否定されちゃいました。(^^;;;  3mのポール設置は工事費22000円(アンテナ+ブースター代は別)だそうで。 UHFのデジタル専用(地デジ専用)でもダメなの? と念押しして聞いても同じ答え。  確かにVHFのアナログ電波なんかは壁や屋根の反射波がゴーストになるので直接波の相対ゲインを上げるためにはアンテナを高くあげるのが一番いいのはオイラも理解してる。 しかし地デジ専用のUHFなら事情が違う。デジタル信号として復元できる強度を安定に確保できればいいのだ。極端な話、反射波だけ拾ってでも復調できればOKなハズだ。実際、室内アンテナや壁埋め込みタイプや、ベランダ設置タイプがいろいろ出てきてるのがなによりの証拠じゃないだろうか。 18か20素子の高感度八木アンテナを屋根裏設置する方向で、自分で工事してみようかな。 金属瓦(ガルバリゥム鋼板等)とかトタン屋根だと、軒下かベランダになるのでしょうけど、我が家は木造&コロニアル瓦(軽量セラミック)だからね。 TVはSONYの32V2500か、シャープの32Vか37Vを実物見て決めましょうかね~。東芝REGZAの37Z2000も機能満載だな。 うーん、迷うなぁ。 あとは実機見て直感ですね。(笑)

|

« 引っ越し | トップページ | Ghostscript8.56 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ移行計画:

« 引っ越し | トップページ | Ghostscript8.56 »