« 携帯は電話じゃない!? | トップページ | LEDバルブ »

2007年7月24日 (火)

試作LEDテール球

SnapLEDを8個寄せ集めて、試作の5/21W代替可能なLED球を作ってみましたよ。4個直列で47Ω入れてます。
14.4-(2.8x4)/0.07=47Ω って計算。 んで単体点灯試験。12Vのアダプタが見当たらなかったので、15Vのヤツを使用して確認。まぁ14.4V計算で最大150mAを70mAで使うのだから15Vでも余裕だろう、、と。 ところが、、数秒の点灯で切れてしまった。 ありゃ?? なぜ?? う、、なんかオイラは大きなミスをしてるのだろうか?? 落ち着いて仕様書を見直してみた。 すると、、、70mA時の電圧降下は2.43Vくらいであることに気がついた。 100mA流しても2.5Vちょいだ。  あせって再計算。 15-(2.43x4)/47Ω=112mA ぎょえ!! ダメぢゃん! 流しすぎてる。 再計算すると、
14.4-(2.43x4)/0.07=68Ω でないとダメね。 12V時は34mAになる(低すぎ)。4個直列+抵抗は電圧変動に弱いな。3個直列にするかCRDにするかせんとイカンかもです。 SnapLEDは最大定格150mA時に2.8Vですが、実使用では70mA、2.4Vで計算せんといけませんね。 バラつきも考えると、実測したほうがいいかもしれません。日亜のFluxLEDのときも30mA定格の最大が35mAなので抵抗はやめた(定電圧にした)んだっけなぁ。すっかり忘れていたよ。 高価なLEDを痛めてしまった。。。でもたまたま15VのACアダプタで試験したおかげで、(12Vだったらわかんなかったでしょう。)取り付ける前にわかってよかったじゃないかと自分に言い聞かせています。 トホホですな。  で、この試作品の明るさ具合ですが。「暗い」です。(ToT) ダメダメぢゃん。。
Ledbrk1

|

« 携帯は電話じゃない!? | トップページ | LEDバルブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試作LEDテール球:

« 携帯は電話じゃない!? | トップページ | LEDバルブ »