« 代々木公園 | トップページ | iPodTouch »

2007年9月 4日 (火)

LED再発注

Streamのテールのダブル球、SnapLEDの12個仕様で置き換えています。いろいろSnapLEDをイジってみて感じたことなんですが、最大定格150mAですが、放熱を考慮せずに使えるのは60から70mAまで。SuperFLUXに比べてデリケートで、3、4連+抵抗で光らせる場合は格子配線しないと、特定のLEDが壊れやすい。(つまり個々のVfのバラツキが大きいということ) SuperFLUXは1mm点光源だがSnapLEDは5mm面光源って感じ。 おおげさなリフレクタなしで敷き詰めるならSnapLEDはいいかもしれません、が!DIYで工作するならFLUX-LEDのほうがおすすめです。なんで倍の定格電流なのに価格がSuperFLUXとあんまり変わらないのだろう?と不思議に思ってたんですが、その理由がわかった気がします。
で、私のStreamはテールのSTOPランプは2+2連になってるんですが、今は上の段のみSnapLED12個仕様に交換してます。ブレーキング時の明るさはまぁ合格なんですが、もうちょいパンチが欲しい。さらにSnapLEDはもう使う気がしなくなってしまったのでどーしようかなぁ?と悩んでまして。思い切ってLuxeon K2を使ってみることにします。21WSTOP球は80、できれば100lmは欲しい。K2は700mAで100lm、350mAで50~60lmですので、200mAくらいでアンダードライブすると35から40lm、、とすると3つでイケる計算ですね。放熱を工夫できるかどうかがカギでしょう。1個800円x4x3+送料で約1万円か! でもSnapLEDでも12個x180=2160円ですからね。パフォーマンスは上だな。 もう意地ですね。ああ無駄使い。。。。(悲&笑)
P9060218

|

« 代々木公園 | トップページ | iPodTouch »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LED再発注:

« 代々木公園 | トップページ | iPodTouch »