« LXK2試験点灯 | トップページ | LEDテールVer.2 »

2007年9月13日 (木)

StarTrek4の字幕で

TVで字幕出てくるじゃーないですか。日本語でしゃべってんのに日本語字幕が出てくるのは耳の不自由な人向けの配慮だと思うけど、どーも過剰に字幕が出てきて疲れるな。正直言って過剰字幕だ。 映画の字幕とはまたちょっと違う字幕で、効果的に上手に使ってるな、と感じるものもあるけどね。
そうそう、字幕といえばさ。StarTrek4の映画の字幕でオイラはどーーーーしても許せないのがあるんだよね。タイトルの「TheVoyageHome」→「ふるさとへの長い道」はいい感じに訳してる。バルカン星から地球に帰る途中、タイムトラベルしてクジラを23世紀に連れて帰るんだから、確かに長い寄り道になったわけだ。ところで、ここで言う「ふるさと」ってなんだと思う? たぶん訳した人は地球に帰るんだから「地球=ふるさと=Home」だと思ったんだろう。間違ってはいないよ、うん。でもね、最後の最後。大佐に降格したカーク艦長とクルーの前に(貨物船でもなくエクセルシオでもない)エンタープライズが現れた瞬間!ああ、そうか、「Home=エンタープライズ」だったんだ!と昔ながらのトレッキーは気がついて涙を溜めるわけさ。カークがそこでクルーみんなに言う。「WellcomeHome.」 感動のクライマックス! ところがこの字幕が!「諸君、戦艦へようこそ」!? な、なんですかー!こりゃー!! おいおい! この映画はこの一言のためにあるんだぞ! それがこの訳ですか? それまでの訳はみんないい感じにまとまってたのに最後の最後でこれですかい?! 貨物船じゃなく戦艦だった~!と喜んでるとでも思ってんの!? せめて「諸君、我が家だ」とかにしてくれーーー。 まぢ、ほんと、この字幕だけは何回見ても許せません。トレッキーとして許せませんです、はい。 当然この件以来DVDは字幕消してみるよーになりましたが。(笑)

St4zimaku
この許せない翻訳!

|

« LXK2試験点灯 | トップページ | LEDテールVer.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: StarTrek4の字幕で:

« LXK2試験点灯 | トップページ | LEDテールVer.2 »