« 続:GF6200A/256 | トップページ | 泣き虫 »

2008年4月17日 (木)

聴神経腫瘍

いやー。1ヶ月前にカミさんが救急車で運ばれて、その後のMRI検査で「聴神経腫瘍」が見つかりまして。(@@; え!? って感じです。左耳の奥の神経に鞘のような塊が5mmくらいあるんだそうで、これが原因でめまいや耳鳴り、味覚がおかしくなったりしてたんだそうです。頭蓋骨にある腫瘍なので立派な「脳腫瘍」で、TVでも「本当は怖い家庭の医学」やスーパードクターでも取り上げられていたそうです。耳鼻科の先生はMRI検査をなかなかやらないので発見が遅れ、年単位で大きくなって発見された時には2cm〜5cmとかにデカくなってるってパターンも多いんだそうだ。5mmで見つかったのは超ラッキーらしい。うーん、確かに最初の聖○リの耳鼻科では聴力検査だけやって「疲れでしょう」で帰されたんだよな。CTすら撮らなかったから納得できなかったんだ。救急搬送された別の病院では速攻CT、後日MRIやって正解だったわけだ。  で、治療。この腫瘍、普通の外科手術は不可能。脳幹に近いから。開頭の場合は内視鏡手術、あとは放射線となる。カミさんのは小さいので放射線治療(γナイフ)になった。まぁ小さいので経過を見守る、、でもいいですよ、って言われたけど、現在でもめまいや耳鳴り、味覚変化があるので、小さいうちにブッたたくことに決定。5月中に再入院、γナイフ治療決定です。詳しい説明プリントを読んでもイマイチわからんカミさんに「精密な電子レンジに頭つっこんで腫瘍だけ焼いちゃうのさ。」と説明したらなんか納得してた。(笑) ふぅー、なんにしても1週間に3回も病院行ってましたからねぇ。はやく治って欲しいですよ。 ほんと、健康が1番ですよ。

|

« 続:GF6200A/256 | トップページ | 泣き虫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聴神経腫瘍:

« 続:GF6200A/256 | トップページ | 泣き虫 »