« アゲハ | トップページ | センサーバー »

2008年5月31日 (土)

アクセルとブレーキ

最近よく耳にする自動車事故で、「アクセルとブレーキを踏み間違えた」ってのがある。コンビニで駐車場に入れる時にそのまま店に突っ込むってパターンのヤツだ。店に突っ込んだから事件になるが、自宅の駐車場でやったときは単なる自損だし、走行中だと居眠りとか脇見とかに隠れて見えてこない。つまり実際の発生件数はもっと結構な数なんじゃないか?と思う。中にはブレーキ踏んでるのに加速した、という証言で、現場やタコメータの解析なんかでやっぱりアクセル踏んでた、、って検証結果になったものもある。(本人はブレーキ踏んだと信じて疑ってないからね) 一時期AT車特有の事故だとも言われていたが、そうではない。バックと前進の繰り返しの切り替え操作時が多いが、乗車後発進時もある。お年寄りの事故が多いが、バリバリのベテランがこの事故を起こす場合もある。もちろん飲酒して起こすヤツもいる。さて。なぜ「アクセルとブレーキを踏み間違えるのか」が問題だ。実は私もアクセルとブレーキを踏み間違えたことがある。(まじ) MTのインテグラでタイトな右カーブの時、通常の減速と
ヒールトゥのイメージがダブった瞬間!減速のつもりでブレーキングしたら急加速!(ビビッた)幸いOnTheRAILでグリップ走行、対向車もなかったので冷や汗だけで済みましたが、人間は「アクセルとブレーキを踏み間違えることが実際あるのだ」という体験をしてしまったんですな。それ以来ポンピングブレーキは車輪のロックを防ぐ技術以前に、今踏んでるのが確かにブレーキなんだと事前確認する大きな意味があるということを感じるようになりました。
さて。こんな話を会社で友人にしたところ、「アクセルとブレーキを間違えるわけないじゃん!ぎゃははは!」と笑って相手にしてくれません。(おぃおぃ) そういう思い込みこそがこの事故を起こした人の事情聴取での決まり文句、「なんで踏み間違えたのかわからない...」になるんだろうな。笑い事ではないのよ、どんな些細な操作ミスも起こす可能性は常にある、まずそれを認識することが大事なんだな。

|

« アゲハ | トップページ | センサーバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクセルとブレーキ:

« アゲハ | トップページ | センサーバー »