« Cubeフリーズ | トップページ | AVR-gcc »

2008年7月24日 (木)

時計が!

ぐはっ! この暑さで、車内時計の液晶がやられています。11:35の表示なんですが、ボヤけてしまって読めませんね。まぁこのあとクーラーかけて車内温度が下がれば普通の表示に戻るのですが、イマイチですよね!? 液晶ではないLED時計に換えたくなってきました。でもなかなか希望のモノって売ってないなぁ。できれば電圧表示機能もあると完璧なんだけど。 じゃ自分で作る?? んー、、AVRかPICで7セグ表示とA/Dで電圧検知すればできそうだな。でもMacでAVRの開発〜焼き込みまでできる環境を作るまでが大変そうだなぁ。 ちょい調べてみた。GNUのツール郡を使ってAVR-gccでの開発環境ならMacでも構築可能なようだ。AVR-Macってパッケージも出てる。書き込み器にはSTK500,AVRDragon,usbaspあたりが使える。avrdudeで書き込みできるようだ。STK500互換でAVRISPを自作してる人もいる。avrdudeでそのまま使うならusbaspがいいかも。 なんにしてもusbaspを作るにはAVR書き込み器がいる。ぐっはー。古いPCでWIN-AVRとパラレル接続のSTK200っていう組み合わせがお手頃かも。 こういう環境をMacでそろえるのは大変だな。ま、でもBSD/Linux用がそのまま使えるのはありがたいことです。

Ca3a0182

|

« Cubeフリーズ | トップページ | AVR-gcc »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時計が!:

« Cubeフリーズ | トップページ | AVR-gcc »