« GT-R遭遇! | トップページ | 夏休み »

2008年8月12日 (火)

CubeにLeopard

遅まきながら、10.5、Leopardを導入しました。G4/Cube、1.2GHzに120GB、CoreImage対応GeForce6200Aなので条件はなんとかクリアしています。このLeopardがPowerPC最後のOSになるでしょう、なのでファミリーパックを購入。G4/AGPをFireWireターゲットモードで起動しておいて、内蔵Diskをバックアップします。CCCでCubeからAGPへ丸ごとバックアップ、その後Leopardをクリーンインストール。移行アシスタントでAGPから環境移行しました。大文字と小文字を区別する設定でインストールしました。(OSX Serverと同様) ちょっとTigerより重いけど快適に動いてます。pcsx1.5がplug-insフォルダを探せなくなりましたが、Plug-Ins→PlugInsにrenameすることで解決。iTunesの曲も4曲ほど名前が一致せず、再検索して再認識させました。HFS+自体はunicodeで格納するので大文字/小文字ももともと対応してるんですけどね。OSX側でわざと区別しないようにしてました。Leopardはclassicがなくなったので、大文字/小文字の区別をキチンと「する」方向に向かったんでしょうな。 それと、Xcodeも入れています。Ghostscriptもコンパイル完了、avr-gccもOK、Photosmart2575にも無事印刷完了。iTunesはAirTunesでのストリーミングがTigerより安定しました。iLifeがまだ05と古いのですが動いてますね。FrontRowも標準です、、がこれはTigerの頃の方が一覧方式なので見やすかったなぁ。CHUDでnapをONにできないので、若干CPUのヒートシンクが暖かくなってます。でも、なかなかいい感じですよ。最新MacOSXですからね。(^^)

Leo

|

« GT-R遭遇! | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CubeにLeopard:

« GT-R遭遇! | トップページ | 夏休み »