« 12MHzみーつけ! | トップページ | 人のせいにするのは簡単 »

2008年8月23日 (土)

Macでusbaspを使う

MacでAVRの開発環境を整えています。ATmega48でusbaspを作成しました。書き込みはWindowsで行いました。avrdudeでmake flashでhexを書き込んだ後、make fusesで設定Fuseを書き込みます。で。それをUSBでMacにつないでUSB Proberで確認してみると...USBaspというデバイスが見えています! libusbはインストールしなくて大丈夫でした。AVR-MacPackだけでOKです。ターゲットなしの状態で書き込み実行してみると。。。ターゲット無応答、、のメッセージが帰ってきますね。GUIで使うならavrfuseでももちろん大丈夫。さぁ、AVRで遊びましょうかね!?
UsbproberAvrmacAvrfuse

|

« 12MHzみーつけ! | トップページ | 人のせいにするのは簡単 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Macでusbaspを使う:

« 12MHzみーつけ! | トップページ | 人のせいにするのは簡単 »