« DreamFighter | トップページ | NEW-ODYSSEY »

2008年11月 6日 (木)

SnowLeopardとWin7

Leopard使って3ヶ月が過ぎた。OS9のclassic環境がなくても全然困らない自分がいるよ。

LeopardでAppleは過去の足かせからやっと脱却完了するのかな。Panther→Tiger→Leopardで64bitへの移行はスムーズだしOS9(classic)もなくなり、Carbonは32bitまで、64bitはCocoaフレームワークのみと決まった。NetinfoはOpenDir.に移行し、NeXT時代の足かせもなくなっている。来年のSnowLeopardはintel-Macのみ。長らくCarbonだったFinderもCocoaベースになる。カーネルもkextも64bitだ。SnowLeopardは大変美しい内部構造のOSになりそうな予感がする。intel-Macの本命OSと言っていいだろう。NeXT/Cube発表時にJobsはNeXTのソフトウェアは15年の使用に耐える、と言っていたっけ。1989年からちょうど来年は20年だな。

一方、Microsoftのほうは、WinHECが終わったようで。Win2000→XP→Vista→そして来年Win.7 となるようだ。よく外見だけ変わって重くなったとかDOS窓がなくなった、32bitと64bitのEdditionがわかりにくいなど、いろいろ言われてるXPやVista。それには理由がある。実は64bit移行以外にも.NETフレームワークや新デバイスドライバ対応など、大移行を果たそうとしているのだ、見かけ以上に。Win.95との統合の集大成がWin2000だとすれば、Win.95からの足かせをやっと捨てられる、、というのがVista(64bit)以降、集大成のWin.7なわけだろう。
AppleとMS、ともに新世代OSへの移行に一区切りつくのは2009年末だろうか。さて、あなたが使ってみたいのは? どっちのOS?(笑)
それまでには私もG4/Cubeからintel-MacにUPしておきたいものですね〜。

|

« DreamFighter | トップページ | NEW-ODYSSEY »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SnowLeopardとWin7:

« DreamFighter | トップページ | NEW-ODYSSEY »