« クリスマス | トップページ | 洗車 »

2008年12月27日 (土)

WALL・Eとポニョ

ポニョは見た。そして遅ればせながら、WALL・Eも見た。うーむ。子供目線だと、「アニメ」というだけでポニョのほうがウケがいいのかな。私にはポニョは最後まで見るにはキツイ映画だった。(笑) かわいく、女子供にウケるよーに作られてるけど、別に見た後になんも残らない映画だった。例によってワザとらしい昭和初期の臭いがする描写もウンザリだ。内容的にも魔法使いの物語?駄作のハウルと同じようなモンか。1度見ればもう見なくていい。
一方、WALL・EはまたDVDで見たいな、と思ったよ。小学生以上~大人目線だとWALL・Eのほうがいい。AXIOMでのドタバタ劇や最後に人間が地球に戻ってくるあたりの設定は無理があるのかな、とも思うが、基板が焼き切れ、LowBatteryのWALL・Eががんばる姿には泣けてきたよ。こんな時代だからこそ「手と手をつなぐこと」の大切さを教えられた、って感じ。見捨てられ、荒廃した地球にも希望は残っていた、ってオチもまぁいいぢゃん。壊れたWALL・Eを必死で修理するEVE、充電し再起動するWALL・E、、「じゃーーん」←(Macの起動音)で動き出す瞬間って、改造したMacに初めて電源入れる瞬間を思い出す。(←オレだけか?w) 
HappyENDだけど、とっても考えさせられる映画でしたよ。(^^)

「起動音.aif」をダウンロード

映画館で売ってるポップコーンセット。おかわり自由!ちょい飲みにくい!?
Ca3a0260Ca3a0261_2

|

« クリスマス | トップページ | 洗車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WALL・Eとポニョ:

« クリスマス | トップページ | 洗車 »