« FireWireのHDD | トップページ | 太陽光充電eneloop »

2009年3月20日 (金)

UF2DSATA01

Oxford924DSAチップ搭載のUF2DSATA01が届きました。FireWire/USB2.0で、sATAのHDDを2台つなぐ事ができるモノです。販売元では詳細な仕様がイマイチ公開されてなかったのですが、OxfordSem.のチップの仕様書から、だいたい推測してOKと判断しての購入です。結果的に、JBODモードで、2個をそれぞれ別ボリュームとしてマウントできました。Spanningでは2個が1つのボリュームになります。私はsATAのHDDを持ってないので、IDE→sATA変換基板を使ってまずは試してみました。ちゃんとMacのDeskTopにマウントしましたよ。 ところで、今回使用したIDE→sATA変換基板の玄人志向の「SIRIALATA-DAT」なのですが、WDの20G-HDDはダメでした。どーもHDDとの相性があるようです。富士通の2.5-HDDはちゃんと認識しましたけどね。このテの変換基板はやはり使わない方がよいでしょう。さて、sATAのHDDを買ってこようかな。(いつになるやら...)
1394hdd1Satatoide

|

« FireWireのHDD | トップページ | 太陽光充電eneloop »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UF2DSATA01:

« FireWireのHDD | トップページ | 太陽光充電eneloop »