« ダイソン染め | トップページ | 飛べ!カブトムシ »

2009年8月17日 (月)

桑の木の思い出

山に入って子供たちと遊んでいます。ちょっと前に下の子が幼稚園の教室でカイコを育てているとかで野生の桑の葉を通園途中の山裾で2、3枚取っては持っていってあげたりしてました。「カイコさん食べてたー!」と喜んでました。(^^)
カイコって昔は桑畑で桑を栽培して養蚕で絹糸を取ってたわけですが、山には野生の桑の木も生えているんですよ。子供たちに「これがカイコさんが食べる桑の葉っぱだよ」と教えてあげて、桑の実を一緒に食べてみたり。んーすっぱい!

野生の桑の木で10m以上の巨木になったものが子供のときによく遊んだ山にはありましたっけ。そういえば思い出すなぁ。 中学の社会の時間に社会科の先生が「桑の木って知ってるか?」と言いまして、私が手を上げたんです。「山に生えてます」 そしたら「桑の木は畑に生えてるんだ!」と全否定されましたっけ。 おまけに「10mくらいのデカい木です。」と言ったら「そんなわけないだろ!」と、これまた激怒されましたっけ。私は実際にその10m以上、直径20cmくらいの桑の巨木の葉でカイコを飼ってたんですが。 
畑の桑の木は上を切って横木を長く出して刈り取るので、植木のように低木で丸く茂るんですよね。その先生はきっと桑畑の桑しか知らなかったんでしょうな。 
学年主任だったその先生に「反抗的なうそつき生徒」みたいに言われましたので悔しかったっけなぁ。

桑の木を見ると思い出す、今となってはなつかしい思い出です。

|

« ダイソン染め | トップページ | 飛べ!カブトムシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桑の木の思い出:

« ダイソン染め | トップページ | 飛べ!カブトムシ »