« H.264変換 | トップページ | 12月の昆虫達 »

2010年12月17日 (金)

ffmpeg高速化

AppleTV向けにffmpegを使ってH.264への変換をいろいろやっています。 ffmpegは最新版。オプションをいろいろ調べていたら・・・・ -threadsというoptionがあるじゃないスか!マルチスレッド数を指定できるんです。もちろん各種libが対応してなきゃダメだけど、libx264は当然対応してるんだよね。で実験してみた!

まずは -threads指定無しでH.264変換時のアクティビティモニタの様子。
Ffmpg1th
ffmpegが100%を超える事はありません。1スレッドだからですかね?

では -threads 4 と、option追加した場合。
Ffmpg4th
170を超えてきますね。CPU使用率がほぼ200%です。(Core2Duoですから。)

うーむ、CPUの温度上昇もすごいけど、これはいい!4コアや8コアのCPUだとどうなるんでしょう? ffmpegやるもんだ!

|

« H.264変換 | トップページ | 12月の昆虫達 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ffmpeg高速化:

« H.264変換 | トップページ | 12月の昆虫達 »