« 年越しカマキリ | トップページ | 新年のBuild »

2011年1月 2日 (日)

AirFlickを使う

さて、新年から怒濤のUpDateを繰り返すAirFlickですが、またまたUpしてました。見た目がガラっと変わり、必要なWindowのみを適宜開くようになったようです。 m4vやmp4をAppleTV側で普通に再生するだけなら全く問題なく動いています。

Airfl

AppleTVでの再生可能動画形式への自動変換機能(TransCode)はまだうまく機能しません。VLCか、ffmpegをBackで起動させて変換するようです。 内部にffmpegoffline、ffmpegairplayという2つのバイナリ(機能少ねぇ・・)を抱えていますな。 ノーマルなffmpegとどこが違うのだろう・・・?

なんにせよ、どんな動画形式であれ、リアルタイムにH.264へ変換できるようになったらいいんですけどね。無理か。(^^;  でも数年前まで、音声をリアルタイムにTransCodeするなんて不可能だったけど、今は普通にできますからね。 動画も近い将来可能になるかもしれませんよ。

|

« 年越しカマキリ | トップページ | 新年のBuild »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AirFlickを使う:

« 年越しカマキリ | トップページ | 新年のBuild »