« バナナ+2本 | トップページ | LED電球(2012) »

2012年2月25日 (土)

intel-hexの編集

訳あって、intel-hexフォーマットのメモリイメージの一部分を修正する必要に迫られた。

まぁ、intel-hexのフォーマット自体はText-Editorで開けるし、アドレスをサーチして目的の箇所はすぐ特定できた。

問題は...チェックサムの再計算。

めんどい。 とにかくめんどい。

電卓(画面で)計算したけど、、これを2回も3回もやりたかないよね。

で。そんな時にみなさんならどう考える? 私はMacユーザ(unixユーザ)なんで、「PerlかRubyで再計算して吐き出すScript作りゃいいじゃん。」

ところがWindows的な人はこう考えるようだ。「Excelで読み込んでセル上でマクロ/VBで処理させよう。」

まったく理解できません... OSがそういうScript機能を持ってないからそういう発想なんでしょうか? Windows持ってる人は全員Excel持ってるとでも思ってるのでしょうか?? たかがチェックサムの再計算にン万円の激重の別売り市販ソフト使う??

ま、いいんですけどね。(笑) で作ったScriptがこれ。[click]
エディタで修正したあと、
>perl hexsum.pl hoge.hex -> hoge2.hex
とやると、チェックサムだけ置き換え/ない場合は付加してくれる。

ま、それだけです。(^^;;;;

|

« バナナ+2本 | トップページ | LED電球(2012) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: intel-hexの編集:

« バナナ+2本 | トップページ | LED電球(2012) »