« ミヤマクワガタ | トップページ | 美しいカメムシ発見 »

2012年5月25日 (金)

ウィンカーLED化

さて、車のフロント・ウィンカーのLED化を行いました。 試作までは終わってたので、左右2個をキチンと作り直した、ってわけです。

使ったLEDは「LuxeonK2 Amber」です。通常定格350mA(Vf=2.95V)、最大定格700mAのPowerLEDです。 ストップランプには同じLuxeonK2のRedを200mAにディレーティングして使いました。ウィンカーはDuty50%なので熱設計的には余裕があります。 今回は3個直列+15Ω、370mAで光らせます。

Duty50%なので平均電流は185mA、発熱もグッとおさえられるわけです。

Ledwin

はい、こんな感じで左右2個作ります。 Streamのフロント・ウィンカは横長で左右リフレクタなのでこの配置です。

Ledwinri

消費電流が減って、電球切れ検知領域でハイ・フラッシャー状態になります。なのでリレーも改造。リレー型式は、FR-3321、MITSUBA製。内部の使用ICはMC33193でした。

33193

シャント抵抗を大きくする、という方法もありますが、大電流(電球でハザード時7A!)が流れるところなのでそれはやりません。(シャント抵抗自体を半固定抵抗にする、という改造例が巷にあふれてますが絶対にやってはいけません。電球に戻せないし、接触不良/焼き切れます。) 電流検知部分にDiを1or2個入れて消費電流が減っても通常点滅になるように電圧降下させる方法が気に入りました。

さて、フロント・ウィンカのLED化もいい感じで完成しましたよ。

|

« ミヤマクワガタ | トップページ | 美しいカメムシ発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィンカーLED化:

« ミヤマクワガタ | トップページ | 美しいカメムシ発見 »