« iPhone4S支払い | トップページ | 2012カブト羽化 »

2012年8月 4日 (土)

LED照明購入

家の部屋の照明のナツメ球が切れました。 LEDの安いヤツに換えてあったんですけどね。やっぱディレーティング設計が甘い製品はダメです。「LEDだから長寿命」というウソの宣伝文句を掲げて売られてるLED電球が多すぎます。

最近出て来た製品は、やっとその辺のディレーティング設計がまともになりつつあります。ワゴンセールされてる前世代のLED電球はぜんぜん買う気がしません。

今回買ったのは2つ。ナツメ球のPanaの製品と、ELSONIC製のE17口金で150lmの製品。

Led1

まずはELSONICの製品を、トイレの20Wクリプトン電球と交換してみます。まずは交換前の様子。

Led2

ハロゲン/クリプトンの20Wだと、150~200lmが必要です。拡散性も気になります。 では交換してみましょう。

Led3

うむ。 いいですね。 拡散型になったので少し暗くなった気が? でもこれなら違和感ありません。
でも1つ問題が... 消灯時にもぼんやり漏れ電流で点灯しますよ。片切りのSWなんでしょうね。

Led4

で、Panasonicのナツメ球の代替LED球。

Led5

これはいいですね。元のナツメ球より少し明るく、色味は白っぽいのですが。 全く気になりませんね。家中のナツメ球を交換しちゃおうかな。

多少高くても、明るさとか拡散性と共に、ディレーティング設計がちゃんとされている製品なのかが大事です。LED=長寿命ではないのですよ。設計が悪ければ繊細なLED照明は電球以下の寿命になります。各メーカは、その辺をもっとデータを示して消費者にアピールすべきですよ。

|

« iPhone4S支払い | トップページ | 2012カブト羽化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LED照明購入:

« iPhone4S支払い | トップページ | 2012カブト羽化 »