« スピーカ修理 | トップページ | ジョジョの奇妙な・・ »

2012年11月18日 (日)

スピーカのエッジ修理

G4/Cubeの目玉スピーカの修理の続編です。

さて、セーム革を使ってボロボロになったエッジのウレタンを交換・修理しています。

外周の接着が完了しています。 今度はコーン紙側を接着します。ここで、振動分の遊びをもたせることが必要です。(たわみをつける)

Img_0603

裏側から押してふくらみをもたせながら接着します。うむ、こんな感じだ。

Img_0602

そしてエッジ周囲のリングも交換します。外す際に破壊しちゃったので、プラ板で作り直し。まぁ厚紙でもいいと思いますが。

Img_0604

エッジのセーム革も黒→白になりましたので、リングも白で。雰囲気変わりますかね?

Img_0607

リングを接着して、、カバー取り付け。うむ、もとどうりですね。いい感じ!!!

Recubespk

では視聴してみましょう。 うむ。。 おおー。違うもんですね。 低音がしっかり出てきます。振動板の前と後ろがちゃんと分離されてることって、重要なんだな、と改めて実感。修理大成功かな?

|

« スピーカ修理 | トップページ | ジョジョの奇妙な・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピーカのエッジ修理:

« スピーカ修理 | トップページ | ジョジョの奇妙な・・ »