« 続カブト幼虫 | トップページ | スピーカのエッジ修理 »

2012年11月17日 (土)

スピーカ修理

G4/CubeのスピーカをExpressにつないで使ってます。iTunesで音楽は管理してるので、もうCDプレーヤもラジオもカセットもいらないですから。コンポなんか必要ないんです。

でももう13年前のスピーカは・・・エッジのウレタンがボロボロ。

Img_0596

これではイカン。補修する事にします。スピーカのエッジ修理というと、セーム革で張り替えるというのが定番の修理方法のようです。セーム革かぁ。

Img_0597

AUTOBACSで買ってきました。1000円のセーム革。一応「原材料:羊の革」だそうですが。(笑)

Img_0598

劣化したウレタンを綿棒で丹念に取り除き、寸法を計ります。直径50mm、内径35mm、遊び部分を入れれば、内径は28mmくらいかなぁ?

Img_0600

型を作ってからボールペンで線を引き、ハサミで注意深く切り抜きますよ。ここは根気の見せどころ。

Img_0601

コニシボンド、Gクリアーで外周部分を貼付けます。内側はまた乾いてから。今日はここまでかな?

|

« 続カブト幼虫 | トップページ | スピーカのエッジ修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スピーカ修理:

« 続カブト幼虫 | トップページ | スピーカのエッジ修理 »