« Dockをバラしてみた | トップページ | UARTって? »

2012年12月24日 (月)

白21W制作

車のバックランプをLED化しようかなぁ。 でも白色LEDを21Wクラス、200lm以上確保するとなると、それなりに金額がかかってしまうのですよ。

かといって、市販の完成品を買うと3000円〜以上、多少マトモなもので5000円くらいします。

そこで私が眼を付けたのは・・ ワゴンセールになっているLED電球! 380ルーメンで480円!

Ledden1

普通に家で使った方が省エネに貢献するんじゃない? という意見はおいといて。(笑)

Ledden3

LEDを1個ずつハンダで外して・・と思ったんですが、このSMDのLEDチップ(たぶん日亜の157A/B、80〜100mAタイプ)を壊さないように外すのは不可能と判断。アルミ基板単位で切り出します。

Ledden2

それを3包囲に向けて配列。正面4個直列+47Ω:左右側面3個直列+56Ωで駆動します。正確なLED仕様がわかんないのでディレーティング率は多めに。

Ileden4

で、車体に実装して確認っ! おお。いい感じです。左右リフレクタにも充分な光量です。デジカメでの写真では白熱球は赤外線が出てる分明るく写ってしまいます。 安価で明るいLED工作ができました。もう片方も作らなきゃ。

|

« Dockをバラしてみた | トップページ | UARTって? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白21W制作:

« Dockをバラしてみた | トップページ | UARTって? »