« Wiiのクラコン(奮闘編) | トップページ | 3Fのコンデンサ »

2013年2月23日 (土)

Wiiのクラコン(動作編)

やっと、秋月で22pFのコンデンサを買いました。通販は便利だな。早速AVRの12MHzの両端にハンダ付けです。 さぁ、動くかな??

ダメでした。(がっくり)

まぁ参考にした記事がだいぶ古かったので、最新の解析を探してみました。あったあった

Img_0857


ここの解析結果を参考に、I2CでWiiのClassicControllerへの初期化や暗号化、読み出しシーケンスを改良しましたよ。

さーて・・・動くかな??

あははは。動きました。(^o^) これでMac用とWiiのGamePadを兼用できますよ〜〜〜! USB Overdriveみたいな変換ソフトも必要なし。 上の動画はNESですが、PCSXでももちろんOK。

追記:
あ、一応ソースと回路図公開しときます。先人達の解析や、世界のみなさんがそれぞれソースを公開してくれていたからこそできたんですよね。(なので私も自分の成果は公開しときます。)

「USBWiiGamePad_K.zip」をダウンロード

|

« Wiiのクラコン(奮闘編) | トップページ | 3Fのコンデンサ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wiiのクラコン(動作編):

« Wiiのクラコン(奮闘編) | トップページ | 3Fのコンデンサ »