« FFmpeg 1.2 "Magic" | トップページ | 免許更新 »

2013年3月19日 (火)

dfu-programmer

AVRシリーズでの開発に私はUSBaspを作って使っています。

Usbasp

なんといっても安価。手に入りやすい部品だけで作れる。
欠点は、TPIやPDIのサポートが後手にまわる、2V〜5Vのターゲットに対応できない。Firmの書き換えには別にもう1つ書き込み器が必要。

一方、ATMEL純正のAVRISP-MKⅡは全対応。AT90USB162は書き込み器なしでUSBからFirmのUpdateができるのですよね。

そのAVRISP-MKⅡの互換器が「USBTiny mkⅡ」なのです。SPI,PDI,TPIに全対応。USBからFirmのUpdateが可能! 欠点は・・・・ 部品が入手難。(ToT)

ま、それはおいといて・・・ Mac上からUSB経由で直接FirmのUpdateを可能にする、「dfu-programmer」をbuildしました。(←使うあてもないのに:笑)

手順を書いておきます。 まず、libusbを入れます。
「libusb-1.0.9」 を./configure、make、sudo make install  ←最新APIのlibusb
「libusb-compat-0.1.4」 を./conigure、make、sudo make install ←旧APIサポート用ラッパー

それから、「dfu-programmer-0.6.0」をbuildします。
>./configure --disable-libusb_1_0     ←旧APIでbuildします。
>make
>sudo make install

これで、ちゃんとMac上でdfu-programmerが走るようになります。
Dfu_pro060

意外にMacでのビルド・動作報告がないので・・・・一応ね。

PS その後USBTiny-MkIIを自作し、dfu-programmerでFirmを書き込めましたヨ。

|

« FFmpeg 1.2 "Magic" | トップページ | 免許更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: dfu-programmer:

« FFmpeg 1.2 "Magic" | トップページ | 免許更新 »