« iPodリモコンと通信 | トップページ | 春野菜 »

2013年4月20日 (土)

USBTiny MkII起動

さて、AVR書き込み器の決定版、「USBTiny MkII」を製作中なんですが。やっと、、QFP32ピンのATmega32u2への基本部分のハンダ付けが完了しました。

Usbtinymkii

おそるおそるMacにusb接続してみますよ。

Atmega32u2dfu

おお〜、ちゃんとDFUモードで認識してるじゃないですか! すばらしい! では次にLUFAのProjectsから、AVRISP-MKIIにコンソールで入って・・・
# make all
# make dfu
とやってみます。 ちなみにDFU-programmerは0.6.1をBuild済み。erase、書き込み、reset、ときたらUSBTiny MkIIのLEDが点灯します。(デフォルトで点灯なんかいな:笑) 書き込めたようですね。

Usbtinymkii2

はい、この後はDFUモードではなく、ターゲットのプログラムが起動します。「AVRISP mkII」として認識しました。 順調ですね。これ単独でプログラムのアップデートができます。usb書き込み器の鶏が先か卵が先かの問題は解決されるわけですね。 まずはISPコネクタだけを実装しましょうか。PDIやTPIは使う時が来たら考えましょう。ヽ(´▽`)/ レベコン(部品)ないからね。

|

« iPodリモコンと通信 | トップページ | 春野菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USBTiny MkII起動:

« iPodリモコンと通信 | トップページ | 春野菜 »