« スピーカを物色・・・ | トップページ | AVR開発環境 »

2013年11月24日 (日)

Mavericksの動画変換

MacOSⅩ、Mavericksの動画再生はQuicktime(QTKit)→AV Kit へと変更になっています。 このため、H.264が主軸になります。 他の動画フォーマットは再生前に変換になります。今までのようにCodecを追加してなんでもかんでも生再生させる・・・・・わけではないのですね。QuickTimeは内部が32bitなんですよ、Pluginもね。 新しいMoviePlayerやQuickLookは64bitでAV Kitベースになってるのですね。

なので、旧Quicktime系のPluginを思い切って削除しました。PerianとFlip4Mac を。(まじかい?:笑)

そのせいか?どうか知りませんが、wmvを開こうとすると・・・・

Dam2

直接再生は当然ダメ、変換すらできませーん。 ぐは。。(´□`。)

Automatorにある変換「選択したビデオファイルをエンコード」から変換しても、

Dam1

ですって。 やっぱダメじゃん!!

仕方ないのでffmpegを使ってあらゆる動画をm4vへと変換するworkflowを作ってサービスに登録しました。

2m4v

これでなんでもm4vに変換できます。 変換後の動画に変なwatermarkも変なアナウンスも入りません。 有償版のFlip4Macよりも高機能。 なんせ、aviやwmv、mkv、やH.265やwebm(VP8やVP9)、flvでもOKなんですから。 SDはもちろん、HD動画も変換できるっ! 細かく調整したい時は別途ffmpegを呼んでやればよいでしょう。 なんとかなるもんですね。  ヽ(´▽`)/ 

|

« スピーカを物色・・・ | トップページ | AVR開発環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mavericksの動画変換:

« スピーカを物色・・・ | トップページ | AVR開発環境 »