« デジカメ2台目 | トップページ | Mac(128K)起動 »

2014年1月 9日 (木)

FDDエミュレータ

検索してて面白いwebページを見つけました。

[BMOW Big Mess O' Wires]

なんと、MacのFDDをエミュレートして、SDカードに収めたDisk_imageを指定して読み書きできるというのです。

AppleのFDは、俗にいうIBMフォーマットではありません。 モータの速度を変化させ、それに合わせてヘッド位置を決めてビット密度を均一にする機構を搭載してます。 wozがApple][用に開発したもので、LSI化したものがMacにも搭載されてます。 Diskドライブも専用です。 なので、DOSV用の市販FDDはMacにはつながらないし、USB-FDDは認識しても400/800KのMacのDiskは読めないのです。

そのFDDをエミュレートしちゃうんですね。 すごいなぁ。。。 CPLDとAVRの組み合わせ。
(追記:部品集めて自作しました。128KMacがSDカードから起動してます。[click]

SCSIドライブをSDカードでエミュレートさせるProjectもあります。

[SCSI2SD]

Old-Macを再生させようという人は、ちょっと気になりますね。 

|

« デジカメ2台目 | トップページ | Mac(128K)起動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FDDエミュレータ:

« デジカメ2台目 | トップページ | Mac(128K)起動 »