« マウス(128K用) | トップページ | FDDエミュレータ部品 »

2014年1月24日 (金)

Macintosh30周年

30年ですか〜。 いやはや。 特設ページはこちらから。

30年前、1984年って、私は高校3年生の受験勉強の真っ最中でしたね。AppleⅢが不発でLisaは高すぎて販売低迷。 IBM-PCとMS-DOSが勢力を伸ばし、苦境に立たされたJobsがLisaの廉価版として発売したのがMacintoshでしたね。

当時、日本のパソコンはZ80のPC-8001とか8801とかの時代で、8色カラーグラフィックが当たり前でした。 Macはモノクロ画面にたった128KBのRAM・・・・ こりゃAppleは失敗したな・・・ と思った記憶があります。

受験も終わって、大学に通い始めた夏。 Macintoshをはじめて見て、触りました。 衝撃でしたねぇ。。。でも70万じゃとても買えません。 (笑) で、MacPlusが出た1986年に、Plusへのversionupで捨てられた128KのMacintoshの基板だけを購入したのですね。 

それが、今、再生中の基板そのものなんです。 貧乏学生ががんばって、なんとかMacユーザになって、改造しなきゃまともに使えない基板を使い倒したのですよ。

会社に入ったのが1989年、なんと、配属先の部署にマニュアル作成用にMacⅡとLaserWriterが導入されたのです! DTPですね。  AppleTalkのTOPSとかもあったな。

E-CADがSUNのBSDマシンだったので、そのunixにCAPとかを導入し、EtherTalkでFileServerにしたりしてたな。  この頃からunixとMacの相互運用に興味をもち始めたんだっけ。

2014年、その128KのMacintoshの再生をはじめました。  電源、マウス、表示(ただし同期ズレ)の状態まで動いてます。  今後の予定は?  FDDエミュレータを作って、スキャンコンバータでVGAでの表示を正常にし、RAMの増設、SCSIの増設くらいまでやってみようと思います。

あ、キーボードはどうしようかな・・・ AVRでなんとか作れないかな? 

|

« マウス(128K用) | トップページ | FDDエミュレータ部品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Macintosh30周年:

« マウス(128K用) | トップページ | FDDエミュレータ部品 »