« FDDエミュレータ部品 | トップページ | ブラケット固定 »

2014年1月27日 (月)

TVのスピーカ

もう1年以上前から、TVの音質が悪いのをなんとかしようと思っていました。 実はカミさんが自分のMacBookAirで音楽を聞いててこんな事を言うのですよ。「鼻声に聞こえる」と。

確かにMacBookの内蔵スピーカでは音域が狭くて、低域はほとんど出てないから。。で、試しに私が普段使ってるG4/CubeのスピーカをAirにセットしてあげた。 どう? 違う??

Recubespk

「なにこれ!!  声が違う!」  リビングのAppleTV経由の場合はTVのスピーカ経由で音楽を聴いてるんだけど、それよりもぜんぜんいい音がすると。(さすがHarman Kardon)

じゃ、前々からスピーカ交換考えてたんだけど・・・・ って話が俄然魅力的に思えて来たのでしょう。 「スピーカ換えてよ」

で、BOSE-161-B を購入してきました。 早速聴いてみましょう!!!

Bose161b

開封〜〜〜。 151161を聴き比べて161を選んできました。  まぁ201とか301を聴いちゃうと、161もイマイチなのかもしれませんが。(私は独身時代は201VMとDCアンプを使っていたのです)

Bose161

ブラケットはあとで製作するとして、まずは台置きで接続、視聴ですね。   うむ・・・・ おお。  うぉお。 うぉぉぉぉ!!!

やっぱ違いますね。 音域が広がりました。パーカッションやバスドラの音が聴こえます。高域も伸びますね。BOSE 161Bに交換しただけで、やっと「音楽を聴ける音」になりました。

サラウンドとかウーハーとかもいいのでしょうけど、効果ではなく、普段使いでステレオのいい音が聴ける。 そんな環境になりました。  コストパフォーマンス的にも満足です。

|

« FDDエミュレータ部品 | トップページ | ブラケット固定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TVのスピーカ:

« FDDエミュレータ部品 | トップページ | ブラケット固定 »