« RTC故障・・・ | トップページ | TVのスピーカ(分解) »

2014年2月21日 (金)

128K-MacのRAM増設

128K-MacのRAM増設を考えてみた。

64K-DRAMのアドレス線はRA0~RA7の8本。CPUのA1~A16使用だ。
4MBまで拡張する場合CPUアドレスをA1~A21まで使うわけだ。

ただし、128K-MacはCPU/Video/Sound用メモリは共用であり、DMAで切り替えてる。

増えるのはCPUのアドレスだけなので、Video/Soundのアドレス線
の上位ラインはP-UP(H)とする。つまり4MBの最後尾に割り当てられる。
さらにVideoのDMAはDRAMのリフレッシュ回路を兼ねているので、RAS時のRA8~RA10も
ちゃんと順番にまわさないといけない。

拡張するRASのRA8~RA10を作る場合、現在のCASのA8~A10を持ってこないと
いけないわけだ。当然、あわせて他の信号も持ってこないといけない。

128k

というわけで考えた回路。
使用DRAMは16MB-DRAM/8bit幅のMSM5117805Fが2個で4MB。秋月で400円/個

まず既存の64KB-DRAM(16個)は全部撤去。

[追加IC]
AC253 RA8[A20,A09,P-UP,VA8] RA9[A21,A10,P-UP,VA9]
AC253 RA10[P-UP,A11,P-UP,VA10]
AC257 RA8[VA13,P-UP] RA9[S2,P-UP] RA10[S2,P-UP]

[接続変更]
4FのAS253 A9→A17 A10→A18 VA8→P-UP VA9→P-UP
4FのAS253 A11→A19 VA10→P-UP
2FのLS257 VA13→P-UP S2→P-UP S2→P-UP

さらに13E、14EのLS244を撤去し、その1番ピンのRAMRDをDRAMのOEに接続。
RAS0~7,RAS,CAS,WEは既存のラインを接続、新たに作ったRA8~10は47ΩでダンピングしてDRAMへ。

撤去ICが18個、既存のICの改造が3個、追加ICがRAMを含めて5個、部品代だけなら1000円ちょい?(笑)

|

« RTC故障・・・ | トップページ | TVのスピーカ(分解) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 128K-MacのRAM増設:

« RTC故障・・・ | トップページ | TVのスピーカ(分解) »