« FDDエミュ(AVR編) | トップページ | 大雪のあとは »

2014年2月 7日 (金)

FDDエミュ(完成編)

MacのFDDのエミュレータ、完成しました。 CPLD周りの配線もそれほど難しくありませんでした。XC9572XLがPLCC(Jリード)だったので、足をピンセットで伸ばして2.54mmの万能基板に実装できるように加工しました。(笑)

CPLDのロジック焼きはAVRがSDカードのFileを読み込んで行ってくれます。(すばらしい!)
Macの内蔵FDDポートに接続して・・・ 電源ON!!

Fdem1

System3.3、Finder5.5の400KのDiskImageから起動できました。 SDカードに複数のDiskImageを入れておいて選択して起動できます。 これでもうFDDがなくても困りません。

Fdem2

さて、これでOSが動作するところまでは来ました。 次は画面同期(22.2KHz)対応か、メモリの増設か、ですね。さすがに128KBではね。 2/4MBにしてSystem7くらいまでは動かしたいですなぁ。 

|

« FDDエミュ(AVR編) | トップページ | 大雪のあとは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FDDエミュ(完成編):

« FDDエミュ(AVR編) | トップページ | 大雪のあとは »