« 基板実装(仮) | トップページ | イチゴ収穫 »

2014年5月10日 (土)

MacPlusのメモリ回路

128K-Macの4MB化、ちょっと考えてます。  実は、MacPlusの基板の写真をwebで見ていて気がついてしまったのです。

まずは128K/512KのMacのメモリ周りの回路。

128k

メモリは、CPU、Video、Soundで共有されてて、CPUがReadする時だけ、メモリの出力がCPUバスにつながります。 これはメモリの出力と入力が別だから、なのですね。

一方、MacPlusのほうは?  

Macplus

SIMM(30PIN)はメモリの入出力は共通。 なので、双方向のバッファで、CPUサイクル時のみRD/Writeの双方向で接続、なのです。   いやぁ〜、これはまいった、LS244を取り外すだけではなく、245に入れ替えないといけないわけですよ。 あー、気がついちゃった・・・・・  ヽ(´▽`)/ まいったな。。。。。

|

« 基板実装(仮) | トップページ | イチゴ収穫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MacPlusのメモリ回路:

« 基板実装(仮) | トップページ | イチゴ収穫 »