« カブトムシ自然羽化 | トップページ | 12V→5V »

2014年8月 3日 (日)

最新ApacheをMacに

最新のApache(wwwサーバソフトですな) 「httpd-2.4.10」をMacに入れました。  Mavericksには標準で「Apache/2.2.26 (Unix)」が入ってます。  2.4系の最新を入れてみました。

私はOSⅩServerは導入する気はないですし、今までもCommandLineからstart/stopで起動させてましたから、最新を入れても管理の手間は同じです。

さて、buildですが、configureの内容が古いので、Mavericksの最新開発環境ではgcc(cc)の検出ディレクトリが違います。 Scriptを治すのはめんどいので・・・・  下記のようにLINKを張っておきます。

$ sudo ln -s /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/OSX10.9.xctoolchain

で。 ./configure → make → make install ですね。

ちなみに起動と終了は、
$ sudo /usr/local/apache2/bin/apachectl start
$ sudo /usr/local/apache2/bin/apachectl stop
となります。

次にユーザ・ホームページの指定とCGIの実行許可ですね。 userdir.confのincludeをhttpd.confで有効にします。

Userdir

で、このconfを編集。 MacはSitesフォルダなので・・・・

Userconf

とします。   さらにCGIの実行モジュールの有効化。

Cgimod

さらに、そのcgidを別スレッドで起動許可してやります。

Cgimod2

その他の必要なModuleは適宜loadすればいいでしょう。
はい、一応これで最新のApacheがMac(Mavericks)で使用可能になりますね。

|

« カブトムシ自然羽化 | トップページ | 12V→5V »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最新ApacheをMacに:

« カブトムシ自然羽化 | トップページ | 12V→5V »