« 11/22のカブトムシ | トップページ | Yosemiteでhttpd起動 »

2014年11月22日 (土)

H.265再生の負荷

私のMacはCore2Duoの2.26GHzです。 OSはYosemite。(10.10.1)

YosemiteがH.265をサポートするかと期待してたんですが、残念ながらAV Kitはまだのようです。
(iOSはiPhone6でFaceTimeでのH.265をサポートしてますので、順次AV Kitにも組み込まれるかな?)

現在は、VLCやffplayでH.265のmkvやts、HEVCを再生できます。 そこでどのくらいのCPU負荷なのかを見てみました。  サンプル動画はTearsOfSteel、 1080Pの24fpsのもの。

Vlc265

VLCです。 150〜170%くらいかな。


Ffplay265

ffplayも同じようなカンジ。  (同じlib組み込んであるのかも?)

どっちにせよ、Core2Duoではlocalな動画再生だけで手一杯ですね。 CPU温度が上がってファンが全開です。  ストリーミング再生ではキビシイかもなぁ。。。

ま、そんなところ、さ。

|

« 11/22のカブトムシ | トップページ | Yosemiteでhttpd起動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H.265再生の負荷:

« 11/22のカブトムシ | トップページ | Yosemiteでhttpd起動 »