« Yosemiteでのウムラウト&アクセント入力 | トップページ | 128K Macの4MB化 »

2014年11月12日 (水)

零戦

「零戦里帰りプロジェクト」なるものがあるそうだ。[click]

現在、飛行可能な零戦は世界に5機しかないそうだ。 しかも全部海外のもの。 日本国内には飛行は不可能な展示のみの復元機体があるだけだった。

どうやらその飛行可能な零戦(22型)の1つを上記のプロジェクトで買い取って、日本に持ち帰ったのだそうだ。2014年9/4に横浜港に到着した、とあるね。

で、組み立て前の機体を11/21~24埼玉スーパーアリーナで公開するんだそうだ。(有料:大人2000円)

へぇー、これはすごい。

零戦かぁ。 最近では「永遠のゼロ」とかでも話題になったし、いつの時代も日本人にとって零戦は夢と悲哀の戦闘機だよね。

そうそう。 小学生のころ私は浜松に住んでいた。ここの航空自衛隊浜松基地には当時日本に2機しかない零戦のうちの1機(52型)があったんだよ。零戦の資料館もあって、プロペラとか機銃とか部品や写真なんかも豊富に展示されてた。(よく見に行った。部品に触れたんですよ。) 

航空ショーの時は当然滑走路に堂々展示されるんだ。 で、当時アメリカで復元された唯一の飛行可能な零戦が日本に一時帰国し、浜松の空を飛んだんだよね。 さすがに自衛隊の基地に着陸はしなかったけど。 滑走路に自衛隊所有の零戦、空には飛行可能なアメリカ所有の零戦・・・・ 「なんで日本の零戦は飛べないんだ!?」って、悔しかったよ。 子供心にね。(笑)

今回日本に永住帰国した零戦はあの時の零戦なのかなぁ? 組み立て完了して日本の空を飛ぶ日が待ち遠しいですね。

|

« Yosemiteでのウムラウト&アクセント入力 | トップページ | 128K Macの4MB化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 零戦:

« Yosemiteでのウムラウト&アクセント入力 | トップページ | 128K Macの4MB化 »