« ffmpeg2.4.4 | トップページ | YosemiteのUSB起動 »

2014年12月 4日 (木)

12/4のカブトムシ

12/4の朝です。まだ生きております、かろうじて。

Kabut

触覚が動いてて、フセツも動いてます。 でももうさすがに歩いたり木につかまったりする力は完全になくなりました。

成虫として掘り出したのが7/26、この時に残したオス&メスのオスのほうなんですね。 4か月と10日あまりを成虫として生きたことになります。

すげーな・・・ こんな長生きは私も初めてです。 なぜなんでしょうね?

うーむ。「大きな容器でオス&メス1対だけで飼ってた」「メスが早く死んだので交尾できなかった?」「性格があまり動き回らない、じっとひそんでるようなカブトだった」 あとは「高タンパクセルロースの昆虫ゼリーを与えていた」「比較的温度変化の少ない薄暗い場所で飼育していた」くらいかな?

幼虫の時のエサがよかった? 黒化クヌギマットに米ぬか、栗やヤマボウシの落ち葉の腐葉土(自家製)の混合ですよ。(いつもと同じ)

すごいカブトもいるもんですねぇ。

12/5追記:朝・・・確認しましたところ、このカブトは☆になっておりました。 成虫として4カ月と10日、12月4日まで生きたオスのカブトムシでした。 子供たちとあとで庭に埋めてあげましょう。

|

« ffmpeg2.4.4 | トップページ | YosemiteのUSB起動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12/4のカブトムシ:

« ffmpeg2.4.4 | トップページ | YosemiteのUSB起動 »