« 12/4のカブトムシ | トップページ | ノーベル賞 »

2014年12月 7日 (日)

YosemiteのUSB起動

Yosemiteで動いている我が家のMacBookPro.(私用)とMacBookAir.(カミさん用)です。 いざという時のためにUSB起動のRecoveryドライブを用意しておきましょう。

使うのは「ディスクユーティリティ」と「復旧ディスクアシスタント」

2par

700MBくらい必要なので、ここでは720MBでパーティッションを切りました。

Yose2

「復旧ディスクアシスタント」はLionの頃からのものですが、Yosemiteでも使えるようです。まぁHDDのRecoveryパーティッションを指定ボリュームにCopyするだけなので。

Reco3

はい、完成したら再起動時「Opt.」を押しながら起動してみます。 USB上の「Recovery-10.10」が選べますね。

こんな感じです。 Yosemiteはダウンロード配布(無料)なので、新規インストール時もオンライン環境必須。 HDDのRecoveryが使えない場合にはこのようなUSB起動で対応すればよいのですね。

もうDVDからインストーラ起動して・・・ なんて時代は過去のものなのですなぁ。

|

« 12/4のカブトムシ | トップページ | ノーベル賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: YosemiteのUSB起動:

« 12/4のカブトムシ | トップページ | ノーベル賞 »