« MVNOの準備 | トップページ | iPhone4Sでテザリング »

2015年2月20日 (金)

MNP転出&転入

auショップへ行き、MNP転出の手続きをしてきました。

「誰でも割」解約料金と「MNP転出」手数料がかかりました。 回線維持のままでMNPしましたので、誰でも割は今日から無効。 でもMNP転入が完了するまでは電話もネットもauで回線接続維持されます。

MNP転出の番号入りの証明書がもらえますので、これを契約したいキャリア窓口(今回はBicSIMカウンタ)へ持って行けばいいわけですね。 この「MNP転出番号」は手続き日+2週間有効です。転入せずに期限を過ぎると、そのまま素のプランでau回線継続になるようです。

MNP完了した時点でauとは契約が切れます。 その旨の連絡は後日ハガキで郵送されてくるのだそうです。まぁezwebメールは使えなくなるからね。

では,即日発行してもらった通話付きIIJmio(DN05nピンクSIM)を「NewGPP」下駄と「GPP復元SIM」とで使ってみましょうか。

Gpp1

下駄の原理はおそらく・・・
・auでアクティベーション済みのiPhoneにて「GPP復元SIM」に入れ替えて
 国外と勘違いさせ、ローミングのキャリア選択(SIMアプリ)を強制実行させる。
・普通はここで国外のキャリアを選択するのだが国内のJP auを選んでやる。(この時点でSIMロック解除)
・SIMアプリが終了したのを見計らってIIJmioのSIMを入れてやる。
・下駄がSIMの入れ替えを偽装し、そのままIIJmioのSIM情報を読み取って稼働する。

という原理?なんだと思う。iPhoneは国内キャリアを国外キャリアと勘違いしてSIMロックを
解除してローミングしてるわけだ。

Dn05n

今回はnanoSIMにアダプタかませて+GPP下駄でauのiPhone4Sでiijmio(通話付き)を使ってみます。

Docomo

「GPP復元SIM」を入れてJP auを選択して、、、素早くiijmioのSIMに入れ替え。あっさり電波捕まえました。

Hong

auの電話番号でMNPしたので、iMessage/FaceTimeのアクティベーションができません。(キャリア不一致?) まあ、、SMSも使えるし、LINEでもいいわけで。 LINEの国指定では香港がデフォルトになってました。 どうやら香港からローミングしてるように見せかけているんですかね?

さぁ、明日から格安運用のiPhone4Sです。感想はまたちょっと使ってみて、からね。

1週間後:iMessageの電話番号でのアクチができない点と電話番号の着信で電話帳の登録に+81をしなければいけない点を除いては安定して運用できています。試しにネットワークRESETやってみたら最初からやり直しになって、さらに「SIMなし」になっちゃったけど、NewGPPに接点突起のない部分にメンディングテープ貼って絶縁したら電波捕まえるように復帰しました。NewGPP5接点でもVPPマスクはしたほうがよさそうですな。

|

« MVNOの準備 | トップページ | iPhone4Sでテザリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MNP転出&転入:

« MVNOの準備 | トップページ | iPhone4Sでテザリング »