« G-SHOCK買い替え | トップページ | ルネサスが黒字に »

2015年3月29日 (日)

トラ技基板でUART通信

トラ技基板の「TG-LPC11U35-501」の続編です。 makeファイルの再構成、srcフォルダ内にソースを移動、uart関係のlib製作。

なかなか動作確認できなかったんですが、やっと。 uartでの送信ができるようになりました。baudrate設定がまだちょっと難解なのですが・・・

Uart

uartの初期化ルーチン、1文字送信、string送信ルーチンを作成。 Lチカのloop内に「uart_puts("HELLO WORLD\r\n");」 とか入れておきます。

usb-uart基板のFT231XをMacからターミナル設定し、受信確認します。

Sr

TG-LPC11U35-501基板のTXをFT231XのRXに接続して、firmware.binを書き込んでreset!

そうすると。。。。

Srtxt

はい、こんな感じで送信されてきますよ。 受信ルーチンも作ってますが、そちらはまた必要になったらでいっか。(受信割り込みENすればたぶん大丈夫)

|

« G-SHOCK買い替え | トップページ | ルネサスが黒字に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラ技基板でUART通信:

« G-SHOCK買い替え | トップページ | ルネサスが黒字に »