« AirMacExpressの5V | トップページ | ffmpeg2.8.5 »

2016年1月16日 (土)

Express3.3V単一動作

旧AirMacExpress、5Vと3.3Vが必要なのですが、これを3.3Vのみで動かす実験です。

単純に5Vラインに3.3Vブッ込んで動作させてみました。どうやら5VはUSBプリンタをつなげるUSB端子の電源と子基板のUSB接続のDACであるPMC2705が使用しているくらいで、SoCやEtherNetは普通に3.3Vのみで動く仕様のようです。

USBは使わないし、PMC2705は内部に3.3Vレギュレータを持っていて、もともと3.3V動作なのです。だから3.3Vを直接入れてもなーんも問題はないのですよ。

では実験。 5Vラインを2本ある3.3Vラインのうちの1本と入れ替えて・・・・

33only

動作開始・・・ ここまではOK。 問題はAirPlayが可能になるかどうか?

Airplay

出た!! AirPlayでスピーカから音が出ました。 完璧ですね。

というわけで、旧AirMacExpressは3.3V単一動作で大丈夫です。web上のいろいろな記事では5Vと3.3Vを皆さんレギュレータで生成してるようですが、そんな事はしなくて良いのです。

USBの電源端子が5Vではなく3.3Vになってしまいますが、今さらこのExpressでプリンタをネットワーク化する人もいないでしょう。 まぁプリンタはほとんどがSelfPowerでしょうから、3.3Vでも認識さえすれば動くかもしれませんけど。(未確認)

|

« AirMacExpressの5V | トップページ | ffmpeg2.8.5 »

コメント

大変有用な情報有り難うございました。当方、チップコンデンサの小ささに回路を追う気も起こらず、スイッチング電源を作成する準備に入っていました。電源を改造されている方々は一寸疎い方が多そうですね。燃えなければ良いですが→オリジナルも燃えてましたねw。

投稿: paraiso | 2016年2月 1日 (月) 09時01分

カキコありがとう。3.3V単一動作は無線LANルータとして動かすなら全く問題ないですね。AirPlayでの動作も問題ないのですが、音質を追求するなら、リニアレギュレータで5Vを入れるのがベストです。Appleの設計はそうなってるんですね。

いずれにせよ、スイッチングレギュレータで汚い5Vをワザワザ作って入れる意味はないと思います。(笑)

投稿: ぶり | 2016年2月 2日 (火) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Express3.3V単一動作:

« AirMacExpressの5V | トップページ | ffmpeg2.8.5 »