« アスパラ1本目 | トップページ | クヌギの成長早い! »

2016年4月22日 (金)

Power ON RESET

128K Original Macintosh 基板の再生はなかなか進んでいません。(がーん)

というのも、4MBメモリ拡張が止まってます。(^^;

と、それと並行してRESET回路を改良しようかと思っています。実はこの1983年製のMacの回路は±12Vを必要とするのです。どこに使ってるかというと・・・ RESET回路のコンパレータ、SOUND回路のゲイン調整と最終段のTr.、それにFDDのモータ駆動。

FDDはSDカードでエミュ制作済みなので+5Vだけで動作します。SOUND回路はまぁそのまま使うとしても、、、RESET回路は今風に+5V単一回路にしたいところ。

Macpor

これが128K MacのRESET発生回路。±12Vの電圧差を利用して急峻な波形としてるんでしょう。P-UPが1KΩというのも無理してる感じ。

Pork

LS-TTLしかなかった時代とは違い、今はC-MOSのHC14が使えます。シュミット・トリガを使うと、理想的な波形になります。

これをLM311を外したDIP-8Pに搭載できれば・・・・ フラットパッケージと1.27mm基板ならできそうかな?  買ったばっかのハンダコテ、PX-201の本領発揮だっ!

Hc14

裏にチップ抵抗が1個。1ゲートしか使ってないのでモッタイナイのですけどね。スイッチとコンデンサは基板上のものを使います。+12→+5Vへのジャンパが若干必要ですが。(^^;

ってか早く4MB改造やれって。(<自分)

|

« アスパラ1本目 | トップページ | クヌギの成長早い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Power ON RESET:

« アスパラ1本目 | トップページ | クヌギの成長早い! »