« 10月のカマキリ | トップページ | くわがた割出し »

2016年10月22日 (土)

ePSXeをMacで

PS1のエミュレータも完成の域に達し、一段落した感がありますね。PCSX-Reloaded でも十分なんですけど。今日は開発も活発に続いていてMac版もリリースされた ePSXe を試してみました。

CUI版とGUI版がありますね。 GUI版はいろいろなライブラリを入れないといけないのでHomeBlewでの自動インストールになってます。ただ・・ 私はHomeBlewは入れたくないんですよ。自分でbuildして/usr/local/*にいろいろ入れてるので・・

なのでCUI版(no GUI)を使ってみます。

CUI版の起動は当然! ターミナル(bash)から行いました。面倒なのでシェル・スクリプトを作っておくとラクチンです。例えば・・

Kidouscrpt

こんなカンジ。 で、ePCXe本体ではなくそのシェル・スクリプトのほうから起動をかけます。

これで普通に動きますが、GamePadの設定ができないのですね。KeyBoardからの操作ではやりにくい・・ なので、GamePadの入力をキーボード入力に見せかけるアプリを併用します。

Enjoy

今回私が使ったのは「Enjoyable.app」というメニューバー常駐型ソフト。設定もON/OFFもカンタン。

Ein

うん、完璧ですね。 もうPS1本体はCDの読み込みが怪しくなってたり(CD読み込み遅いし)、HARD-OFFとかでお安くPS1ゲーム買ってきて遊ぶなら、Emu.で決まりですね。

PS:追記 HighSierraではePSXe 2.0.5 は動作しなくなってしまいました。-nosound を追加するとBIOSの終了まではいくんですが。 PCSXRは大丈夫なので、PCSXRで遊ぶしかないかな・・

|

« 10月のカマキリ | トップページ | くわがた割出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ePSXeをMacで:

« 10月のカマキリ | トップページ | くわがた割出し »