« APFSはUTF8 | トップページ | iWork無料化 »

2017年4月 8日 (土)

FinderのAPFS対応

10.12.3の時の動作検証で、FinderはAPFSボリュームに対してもUTF-8-MAC書き込みUTF-8-MAC読み出しであり、TerminalのPOSIXでは、UTF8書き込みUTF8読み出しであることがわかりました。

で。

FinderからUTF-8-MACでFileを作り、TerminalからUTF8でFileを作った場合。
例えば、、
同じようにそれぞれから「ばばぶ.txt」とかを作ったら・・・

10.12.3の時は、Fileを格納するのは「可能」だったんですが、FinderがUTF8の「ばばぶ.txt」とUTF-8-MACの「ばばぶ」を識別できずに混乱し、異常終了してしまうという現象を確認してました。

10.12.4のFinderはどうでしょう?

Ba

大丈夫ですね。Finderは改良され、UTF-8-MACでもUTF8でもOKになりました。ってか、読み出し時の正規化処理をなくして「そのまま」読んでいるんでしょうね。

Terminalのほうでもちゃんと読み出せてます。
Ba2

ふむ。APFSリリースに向けてちゃんと進化してますね。

と思ってたら・・・

Ee

アイコン表示の整頓、「なし」にすると見失いますね。

Dd

重なっちゃうのかな? まぁ異常終了/フリーズしないだけマシですけど。

|

« APFSはUTF8 | トップページ | iWork無料化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FinderのAPFS対応:

« APFSはUTF8 | トップページ | iWork無料化 »