« LED点灯試験(N-BOX) | トップページ | HighSierraにhttpd-2.4.29 »

2018年2月 6日 (火)

JF3をLEDウィンカに

N-BOX(JF3)の後ろのウィンカーのLED化を行なっています。

JF3はフロントのウィンカーは最初からLEDなので、後ろの電球だけ、球切れ検知しています。12V/21Wですから、1.75A流れるところを?A以下になったらハイフラになるように検知回路が組まれているはず。

私なら・・・ 500mAで設計するな。 800mA〜1Aでもいいけど、1.5Aはありえない。

で、実験してみました。

Luxeonk2

370mAのLuxeonK2の3連に加え、47Ω3Wの抵抗を並列に入れて見ました。14V/47=0.3A、50%Dutyで2Wのところにマージン考えて3Wを使います。

これで電流は計670mA(9.4W)なので、21Wに比べて40%の消費電力になります。

ではテールランプに取り付けて動作確認、、、 OKです。ハイフラしませんね、やはりJF3のウィンカーの球切れ検知は500mAあたり、で間違いなさそうです。




というわけで、新型N-BOXのウィンカーをLEDにするときにハイフラ防止用の抵抗は47Ω(3W)で大丈夫でした。この程度ならばLEDウィンカ内部に搭載しても問題なし。  5Ω(30W)や3Ω(50W)の抵抗は無駄な電力を消費するだけ、必要ありません。

|

« LED点灯試験(N-BOX) | トップページ | HighSierraにhttpd-2.4.29 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/130807/66365897

この記事へのトラックバック一覧です: JF3をLEDウィンカに:

« LED点灯試験(N-BOX) | トップページ | HighSierraにhttpd-2.4.29 »