« AIR MAX修理 | トップページ | Apple USB Ethernetアダプタ »

2019年3月22日 (金)

LinuxMint

先日、CentOS7がUSBからBootできなかったので、気を取り直してLinuxMintのxfceを入れてみることにします。


2GBのSDカードに、
$ sudo dd if="linuxmint-19.1-xfce-64bit.iso" of="/dev/disk3" bs=1m
で、あとはEFI Boot すればLinuxMintをインストールできます。今回はUSBの外付けHDDに。


で。 再起動。無事LinuxMintが立ち上がったぞ。


ん??


今度はmacOSに戻れなくなっちゃった。(笑)どうやら、内蔵SSDのEFIパーティッション側にLinux起動用GRUBを上書きインストールしちゃったようなのだ。


これは困った。緊急起動用パーティッションからmacOSを起動して修復を試みます。


$ sudo mkdir /Volumes/EFI
$ sudo mount -t msdos /dev/disk0s1 /Volumes/EFI



で、壊された内蔵SSDのEFIをマウント。
A

/EFI/BOOT/ の中のGRUBを削除。BOOTX64.efi をPatcherの中のもので上書き。
(私はAPFS Boot不可能なmid2009でAPFS起動させているので)
A1

これで内蔵SSDのほうは修復完了。
今度はLinuxが起動できるようにせんと。


$ sudo mkdir /Volumes/EFI1
$ sudo mount -t msdos /dev/disk3s1 /Volumes/EFI1



で、LinuxMintのEFIをマウント。


なんと、中身はカラッポ(笑) なので、rEFIndをここに入れます。



/EFI/BOOT/を作って・・・・ 
B



rEFIndの構成を図のようにCOPYします。最後にrEFInd.efi をリネームして、BOOTX64.efi に変更。refind.conf もCOPYします。
B1

これでOKです。 APFSの内蔵SSDから正常にmacOSが起動しますし、option起動でrEFInd起動後にLinuxMintを起動できるようになりました。
Linuxをインストールする前に、macOSのHDD/SSDははずしておいたほうがよさそうですね。




ふう。(^^;;; あせったぜ!!



|

« AIR MAX修理 | トップページ | Apple USB Ethernetアダプタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AIR MAX修理 | トップページ | Apple USB Ethernetアダプタ »